登場人物

戦国大名
細川晴元の家臣
三好長慶
みよし・ながよし

山路和弘

主に畿内(きない)を中心に勢力を広める戦国大名。家臣の松永久秀とともに勢力を拡大し、京にも進出。主君である細川晴元をも脅かす存在。

キャストメッセージ

どう演じるのがいいのか?三好長慶の人物像を自分なりにあれこれ考えながら撮影初日を迎えたら、監督から「めちゃくちゃ悪そうな感じで」と言われました。それは得意分野だったので「よっしゃ、わかった!」という感じだったのですが、次の監督からの言葉には驚かされました。「このころの長慶は20代です」。いやいや、むちゃおっしゃる(笑)。

撮影で大変なのはやはり殺陣(たて)のシーンですね。もともと得意ではないので、リハーサルでは人一倍練習しています。でも、撮影現場に入ると、もろもろの事情で殺陣がリハーサルとガラッと変わっていたりする。何が起こるかわからないのは、戦国の世も今も同じです(笑)。
みなさん、新しい明智光秀像に期待していると思いますが、三好長慶もお忘れなく!

※NHKサイトを離れます