登場人物

信長の弟
織田信勝
おだ・のぶかつ

木村了

うつけと呼ばれる兄の信長とは違い、色白で美しく賢いことで母である土田御前の寵愛を受ける。

キャストメッセージ

歴史上の人物を演じる際には、その人について書かれている文献を読んで人物像を探っていくのですが、織田信勝について書かれているものがほとんどなくて・・・今回は監督と相談しながら想像してつくっていくしかないなと思いました。たとえば、兄である信長の背中を追っていく部分もあるだろうし、逆に兄とは対照的なところもあるはずです。脚本を読み込みながら、実際に染谷将太くんや高橋克典さん、檀れいさんとお芝居をしながら探っていきたいと思っています。

とにかく次の脚本が来るのが待ち遠しい!ドラマとしての展開はもちろん、人間同士の気持ちのやりとりなど、人として普遍的な感情が色濃く描かれています。それは今の世にもつながるものです。そういう意味では、『麒麟がくる』という作品は、時代劇でありながら現代劇でもあるのかなと・・・。僕のこの思いは、ドラマを見てくださるみなさんにもきっと伝わるはずです。

※NHKサイトを離れます