番組紹介

物語

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。
応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……
そして、麒麟はいつ、来るのか?
若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。
「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。
明智光秀とはいったい何者なのか?
麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

放送

2020年1月19日(日)放送スタート
初回拡大放送(75分)

日曜日
【総合】午後8時
【BSプレミアム】午後6時
※初回放送は午後5時30分からとなります。 【BS4K】午前9時
再放送
土曜日【総合】午後1時5分
日曜日【BS4K】午前8時

池端俊策 ほか

<池端俊策 プロフィール>
1946年、広島県生まれ。明治大学卒業後、竜の子プロダクションを経て、今村昌平監督の脚本助手となる。
映画『復讐するは我にあり』『楢山節考』などの脚本に携わる。
脚本家として独立後、代表作に大河ドラマ「太平記」ほかに「イエスの方舟」「羽田浦地図」「聖徳太子」「夏目漱石の妻」など。2009年に紫綬褒章を受章。

音楽

John R. Graham
(ジョン・グラム)

<プロフィール>
アメリカ・バージニア州生まれ。ウイリアムズ大学・スタンフォード大学院を卒業後、ワーナー・ブラザーズの専属オーケストレーターとして数多くのハリウッド映画音楽の編曲とオーケストレーションを手掛ける。その後、作曲家として数々の映画、テレビドラマ、アニメーション、ゲームの音楽を担当。代表作に「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」「シルベスター&トゥイーティーミステリー」。また『アバター』などの予告編音楽も手掛ける。高度なオーケストレーションと独自の制作手法を用いて、近代的なハリウッド・サウンドを紡ぎだすベテラン作曲家としてハリウッド映画音楽業界でも一目置かれる存在である。

語り

市川海老蔵

<プロフィール>
十二世市川團十郎の長男として東京に生まれる。1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。1985年歌舞伎座『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を襲名。2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、自ら企画した『古典への誘(いざな)い』『ABKAI』などの自主公演にも力を入れている。また国外では、パリ国立シャイヨー宮劇場(2004)にて十一代目市川海老蔵襲名披露公演を果たし、その後の海外公演は、ロンドン・アムステルダム(2006)、パリ・オペラ座(2007)、モナコ・オペラ座(2009)、ロンドン・ローマ(2010)、シンガポール(2014,2015)、アラブ首長国連邦(2016)、ニューヨーク・カーネギーホール(2016)にて出演する。2006年にローレンス・オリビエ賞にノミネート、2007年にはフランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。歌舞伎だけでなくの映像の世界では、2014年に映画『利休にたずねよ』で、第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。また2015年より東京2020組織委員会文化・教育委員会委員を務めている。2020年5月より十三代目市川團十郎白猿を襲名する。

題字

中塚翠涛

<プロフィール>
書家。岡山県出身。4歳から書に親しみ、古典的な書法を取得。筆の弾力と墨の無限のグラデーションに美しさを見いだし、和紙と墨のみならず、陶器、ガラス、映像など、幅広い手法で独自の表現を追求。2016年12月にパリ・ルーブル美術館の地下展示会場「カルーゼル・デュ・ルーブル」で開催されたSociete Nationale des Beaux-Arts 2016では、約300平方メートルの空間に書のインスタレーションを発表し、「金賞」「審査員賞金賞」をダブル受賞。テレビ朝日系「中居正広の身になる図書館」では「美文字大辞典」の講師として出演。手がけた題字は、ユネスコ「富士山世界遺産」、映画『武士の献立』など多数。TBSドラマ「SPEC」では書道監修を務める。

スタッフ

/池端俊策 前川洋一 岩本真耶
音楽/ジョン・グラム
語り/市川海老蔵

テーマ音楽指揮/広上淳一
テーマ音楽演奏/NHK交響楽団
和太鼓演奏/林 英哲

題字/中塚翠涛
脚本協力/岩本真耶

時代考証/小和田哲男
風俗考証/佐多芳彦
建築考証/三浦正幸
医事考証/星野卓之
古文書考証/大石泰史
資料提供/小和田泰経

衣裳デザイン/黒澤和子
特殊メイク/江川悦子

殺陣武術指導/久世 浩
所作指導/花柳寿楽
馬術指導/田中光法
芸能考証・指導/友吉鶴心

庭園指導/北山安夫
鉄砲指導/廣瀬一實
華道・茶道指導/井関脩智(宗脩)
書道指導/金敷駸房
水墨画指導/川瀬伊人
仏事指導/浜島典彦
兵法指導/木﨑俊造 家村和幸
お手玉指導/ねんど大介
賭博・双六指導/伊藤拓馬
貝合わせ指導/生越仁子

リサーチ/菅 將仁

タイトルバック/多田 琢 井口弘一 稲垣 護 山邊博文 大野瑞樹

撮影協力/岐阜県 滋賀県 京都府 岩手県・奥州市 茨城県・常陸大宮市 栃木県・塩谷町・壬生町 千葉県・匝瑳市 林野庁関東森林管理局 茨城県森林管理署 諏訪圏フィルムコミッション
スタジオ協力/東宝スタジオサービス

制作統括/落合 将 藤並英樹
演出/大原 拓 一色隆司 佐々木善春 深川貴志
プロデューサー/中野亮平 佐々木 享
スケジュール/長万部 敏
サブデスク/関 友太郎 奥村 彩
広報プロデューサー/渡邉美咲
AP/松本綾子 梶山絢加
ポスプロ担当/中村裕美
演出制作/小野見知 大嶋慧介 大野陽平 土井啓太郎 田中陽児 尾崎裕人 工藤隆史 髙橋実香 岩城教一郎 野村裕人 鈴木アラタ 石田友寛 寺地雄一郎 櫻井善悟 羽生一浩 中野 拓 澤口 豊 小林大士 尾崎友康 野口健太郎 佐久間莉帆 松田邦洋 弓場 絢 佐藤秀美 中村麻里
放送事務/平松千佳
編集/佐藤秀城
記録/加賀見佳子
考証/大森洋平

美術統括/犬飼伸治
美術/山内浩幹 松田 努 枝茂川泰生 麻生啓史 小味山 潤 澤 晶子
音響統括/畑 奈穂子
音響効果/坂本 愛 武田 文 大沼由季
MAオペレーター/佐藤博光
フォーリー/清水裕樹
音楽録音/小野良太 佐々木志了 Plamen Penchev
音楽ミックス/Daniel Kresco
音楽プロデューサー/備 耕庸

番組広報/磯部めぐみ
広報制作/井上拓哉
制作経理/細尾智之 玉川祐一郎
編成/岡本幸江 矢田直之 緑川千華子 笠井淳史
編成リソース/石井哲也
著作権/田中和昌

TD/増田 徹 菱木幸司
撮影/清水照夫 岩崎 亮 小沢浩二 山下智康 岩田 隆 田中哲平 市戸達也 繁田智明
撮影補助/大城真輔 原 伸也 石井 巧 大西恵太 高橋優作 貴志無介 入江 望 森田 亮 今本明日香 近藤祥平 松谷 嶺 桐野真理子 後藤大樹 西村 翔 金山翔太郎 大山敏明 増山雄二
照明/中井智行 小野寿之 根来伴承 上野 涼 関 康明 前田 晃 吹留智史 安藤健太郎 栗林莉々華 石井亮裕 藤崎秀紀 高橋朋晃 田中芳美 小日向賢治 山田健嗣 清水太郎 木戸美昭 荻野真也 池内知夏 豊田祥太郎 坪川洋子 佐藤香澄 中内泰祐 西島 亮
音声/久野裕大 佐藤 稔 今井雄基 嶋岡智子 壇 寛弥 倉林秀行 中島正喜 金澤康夫 内藤志帆
VE/浜田 惇 片田直行 横田幹次 原 亜希斗
ECS/上田達也 松﨑梨絵 今村昂司 古越善之

VFX/西垣友貴 関井和成 山田茂人 吉田秀一 角田春奈 山本善樹 本多冬人
CG/佐藤法子 浅山文秋 三浦貴大 田中 智 ダハルラム 田口文子 細野陽一 朝木 翔 奥泉暢之 徳永賢太 山本久美子 新井 翼 小杉奈雄 加藤早織

美術進行/峯岸伸行 高橋秀樹 花田 猛 石畑健太 海老名剛東 松本康介 高根英樹
装置/須藤 保
大道具製作/田中友晴 金平裕之 鴨下和明 高崎亮一 轟木 満 佐藤 愛 齋藤幸久 鶴巻勝宏 柳瀬稔雄
大道具操作/飯野正哉 松本英里香 吉原英佑 茂木 陽 佐々木理沙 中島 努 浅野兼光
建具/喜津瀬康博 河野直太郎
造園/清水 理 木村達也 緒方文昭 西田敏行
視覚効果/小林英晴 菊地剛司 山口千波
小道具操作/小林昭浩 三代川昭彦 依田潤二 田中里果 七戸沙季子 西村真里菜 榎本保行

小道具/宍戸 力 内藤寛明 大隅拓真
消え物/落合生嗣
生花/神崎あゆみ
ミニチュア/川崎健一
衣裳/竹林正人 齋藤 隆 白井光子 阿部 司 松本澪菜 清水寿美子
メイク/清水 愛 永冨美穂 縄野ほたる 髙島美咲
かつら/野崎 徹 長田潤子 関根佑典 笹目綾乃
衣裳デザイン/加藤隆之 加藤秀之 黒澤 爽
特殊メイク/佐々木誠人 壁谷博貴 高畑遥夏 平林 諒
車両/今井航平

大河ドラマ紀行/樋渡典英 本間桜子
ライツ事業/大杉太郎 伊藤涼香
NOD/寺田由香
スチール撮影/髙梨 彰
広報プランニング/佐藤 靖 五十嵐理智世 大坪美晴 折原枝里子
ホームページ・SNS/斎藤秀造 梶山浩一 後藤あけみ 高橋 聡 直井七子 水野 恵
事業広報/戸田 葵 森田奈津季
データ放送/服部那津子
国際展開/上杉忠嗣
台本印刷/村上優奈

※NHKサイトを離れます