月の歌

ぴっとんへべへべ

作詞・作曲 おおたかしずる 編曲 Asu

(ぴっとんへべへべー るってめら~)

ぴっとんへべへべ るってんしゃんらか
り~ぼ~ぱなぱな か~わ~へ
ぴっとんへべへべ るってんしゃんらか
り~ぼ~ぱなぱな か~わ~へ
えっけりめ~ぎ~ や~しゃ~や~しゃ~
もっけりめ~ぎ~ ぺ~よっぽ
び~よらんたん び~よらんたん
るってめら~ るってめら~
び~よらんたん び~よらんたん
るってめら~にゃ

(※くりかえし)

ぴゅ~ん

■うたの説明

「ぴっとんへべへべ」は、歌っているだけで楽しくなるような言葉を集めてつくってみました。子どもになったつもりで鼻歌を歌っていると、するすると出てくる言葉もありますが、擬似子どもなりに納得がいかないこともあります。
本物の子どもにはなれないのですから、そりゃあ無理というものです。
でもなるべく本物の子どもに近づけるように、頭をもみほぐしたり、宇宙を連想してみたりして…
そうしてこの歌ができました。自分で言うのもナンですが、意味も無く(ここが重要なポイント)けっこう楽しくなってきます。
何語でもないはずなのに、このごろ人格を持ってきているようにさえ思います。
その証拠に、意味がわかるひとー!?と聴くと、はーい!はーい!と返事が返ってくるんですから!笑。(おおたかしずる)