イライラする(1/2ページ)

40代以降の女性がなりやすい更年期障害は、イライラする症状を招く場合があります。女性ホルモンの減少によって起こるとされ、イライラのほかに、ほてりや発汗、冷え、肩こり、頭痛、物忘れ、考えがまとまらない、気分の落ち込み、不眠など、さまざまな症状があります。男性でも男性ホルモンの低下が始まる40歳以降は、更年期障害になることがあり、イライラや興味や意欲の喪失、眠れない、不安などの症状が現れます。