【Q&A】小さい目標設定をすることが最初の一歩

更新日

高校に入学した頃から目標が持てず、部活動は真面目にやっていましたが勉強をしないまま、成績はだだ下がり。志望校は高嶺の花でした。 卒業式の日は泣いて抵抗、欠席しました。 地元にいたくなくて、ネット出願した大学に逃げましたが馴染めず退学。単発バイトを繰り返すも、下宿アパートの部屋で昼夜逆転生活継続中です。何事もしたくなくて、親から電話されても、将来どうする?と聞かれても分かりません。(20歳代 男性)

専門家による回答

「高嶺の花」という言葉をお使いですから、こころの奥底に「立派な大人にならねば」というお気持ちをとても強くお持ちかもしれません。ゴールの山頂ばかりを意識していて、最初の一歩が踏み出せないでいるのではないでしょうか。どんなに高い山の登山も、一歩一歩の積み重ねです。小刻みな目標設定をされるとよいでしょう。部活を真面目にやることができたというのは、あなたの取り柄です。
いつもできないことに目を向けがちかもしれませんが、出来ること・出来ていたことに目を向けて、ご自身のすばらしさを再発見して欲しいと思います。

(2020年11月23日(月)~26日(木)放送関連)

関連する病気の記事一覧