【Q&A】ひきこもりの息子にどのように声をかけたらよいのか

更新日

息子は大学卒業後、人間関係などからうつ状態になり、ひきこもって7年です。精神保健福祉センターに相談に行ってほしいのですが、「自分には必要ない」と言って受け入れません。息子にどのような言葉をかけたらよいのでしょうか?(母親より)

専門家による回答

息子さんが、精神保健福祉センターなどでの支援を「必要ない」と言うのは、精神科などでの治療に対する不安や不信感があるのかもしれません。まずは、その気持ちをよく聞いてあげてください。
声のかけ方がよくわからないとのことですが、本人が話したくないときに親から無理に声をかける必要はありません。黙っていても一緒に同じ時間を過ごしていると、本人のほうから少しずつ話し始めるタイミングがあると思います。こうした場合、ついつい説教や非難をしてしまいがちになりますが、そのときにしっかりと「傾聴」することで、次のステップのきっかけが見つかるのではないでしょうか。

息子さんの状況を心から心配されていて、現在は息子さんのことで頭がいっぱいなのではないかと思います。ただ、ご自分の人生を大切にすることも、ぜひ考えてみてください。親が元気で、自分の趣味などを楽しめるようになると、ひきこもっている子のほうも「迷惑をかけている」という罪悪感が和らいで、元気になることがあります。

(2020年11月23日(月)~26日(木)放送関連)

関連する病気の記事一覧