【Q&A】家族性の疑い エコー検査で頸(けい)動脈に厚み

更新日

家族性の疑い エコー検査で頸(けい)動脈に厚み

家族性高コレステロール血症を疑われ、頸動脈エコーを受けました。片側に2ミリほどの厚さでたまっているのがみつかりました。処方薬で、たまったものが消えますか?
また、薬をのみ続けなければ、いけないのでしょうか?(57歳 女性)

専門家による回答

頸動脈エコーは頸動脈にできたプラークを画像で発見する検査です。頸動脈にプラークがあると、全身の他の血管にも動脈硬化が隠れている可能性があり、心筋梗塞などのリスクが高まります。
片側に2ミリのプラークということですが、この方は家族性高コレステロール血症が疑われているので、特に注意しなければなりません。処方されている薬は指示に従って必ず続けてください。悪玉LDLコレステロールを改善する薬は、プラークの量を実際に減らすことがあります。
もちろん、動脈硬化の進行や心筋梗塞を防ぐ効果は、プラークが減ったかどうかに関係なく認められています。

関連する病気の記事一覧