【Q&A】後遺症の感情失禁を回復させるには?

更新日

脳梗塞の後遺症で、感情失禁(些細なことでも泣いてしまうなど、感情をうまく調節できないこと)が出てしまいます。この症状の回復にはどのような事をすれば良いでしょうか?(53歳 男性)

専門家による回答

感情失禁は、軽度の情動的刺激で笑ったり、泣いたりする現象で、感情の調節がうまくいかない状態です。様々な脳障害に付随して発症しますが、脳梗塞は代表的疾患の一つです。
感情失禁は、脳疾患の症状であり、それのみを治療する方法は、残念ながら存在しません。事情を知らない人にとっては困惑の対象になりますが、家族、介護者がその病状を理解し、患者さんの話や気持ちを穏やかに受け止めてあげることが肝要です。
脳梗塞の再発を繰り返すと病状を悪化させます。高血圧などのリスク管理や治療薬内服を根気よく続けましょう。一部の感情失禁には、「うつ」が隠れていることもあり、その治療で症状が軽減することもあります。主治医とよく相談して下さい。

(2018年4月30日(月)~5月3日(木)放送関連)

関連する病気の記事一覧