【Q&A】シェーグレン症候群への対処

更新日

シェーグレン症候群なのですが、現在、薬は消炎鎮痛剤だけで対応しています。
口の乾きに関して、乾きは感じていますが特になにもしておりません。
その場合にも、放送にあったような塗り薬などは有効ですか?(45歳 女性)

専門家による回答

シェーグレン症候群は対症療法が中心です。唾液が少なくなると、1)乾燥感という不快症状が出現し、2)虫歯、歯周病、口内炎(とくに口腔カンジダ症)のリスクが高まります。乾燥感は我慢できたとしても、粘膜は傷つきやすくなっています。そのため口腔ケアを怠るとすぐに口内炎がおきてしまいます。
放送にあった塗り薬は、市販の口腔ケア用品です。これは乾燥した粘膜を保湿・保護するのに有効です。粘膜が丈夫になると口内炎が起きにくくなりますし、自覚症状としての乾燥感も軽減してきます。

(2017年6月8日(木)放送関連)

関連する病気の記事一覧