【Q&A】踵骨棘の治療は?

更新日

踵骨棘(しょうこつきょく)だと診断されました。朝起きた時が、特に痛みます。どのような病気なのでしょうか。治療の方法はありますか?(57歳男性)

専門家による回答

踵骨棘は足底腱膜炎とも言われ、足底腱膜の踵骨(しょうこつ)付着部の変性によって痛みを生じ、この方のように朝起きたときの歩き始めの1歩目の痛みが特徴的です。ストレッチにより腱膜を伸ばす(足先を上にそらすなど)ことが重要で、非ステロイド性抗炎症薬の使用や靴の踵(かかと)部分にクッションのついたパットを入れるなどの治療が有効です。

(2018年5月7日(月)~10日(木)放送関連)