【Q&A】コレステロールを下げる薬と糖尿病

更新日

コレステロール値を下げる薬をのんでいますが、薬をのんでいると 糖尿病になりやすいと聞きました。本当でしょうか?(65歳 男性)

専門家による回答

外国の研究をまとめた報告では、スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)の高用量(非常に多い量)をのむと、255人に1人程度、糖尿病が発症すると言われていますが、一方で、同じ患者数あたり4.5人の心血管病の発症を予防できるという報告もあります。我が国で通常に投与する量での糖尿病の発症率はきわめて低いと考えられますし、日本人でのデータもありません。ですから、糖尿病の発症を恐れるあまり、スタチンを服用しないのでは本末転倒になりますので、スタチンの服用が必要な状況では、服薬をお勧めします。

(2016年5月2日(月)~5日(木)放送関連)