【Q&A】10代で椎間板変性と診断 どうすればよい?

更新日

10代で椎間板変性と診断 どうすればよい?

約2年前から腰痛に悩まされています。
病院では、「椎間板変性」と診断され、「椎間板ブロック」や「椎間関節ブロック」などの治療を行いましたが、あまり効果がみられません。
薬は、鎮痛薬を1日2回服用していますが、そちらもよい効果を得られません。
こういった場合、今後どのような治療をしていけばよいか、どんな薬を選択すべきかアドバイスをお願いします。(15歳 男性)

専門家による回答

椎間板変性は20代から、人によっては10代から始まるといわれますが、15歳とは多少早期に起こっていると思われます。小児期の腰痛は様々な病因が考えられます。当院でもごく小さな良性腫瘍が腰痛の原因であったり、分離症の初期であったりしたことがありました。
もう一度主治医の先生によくお話をされて、精密検査を行っていただいてはいかがでしょうか?