【Q&A】20歳ごろまでツベルクリン陽性 発病の可能性は?

更新日

20歳ごろまでツベルクリン陽性 発病の可能性は?

私は乳児のころ、ツベルクリン反応陽性で感染がわかりましたが、発病はしていません。20歳ごろまでの学校などのツ反検査も毎回陽性でした。何十年も前の乳児の時の感染でも、この先発病する可能性があるのですか?
感染したことがなくBCG接種を受けた通常のパターンの人と比べて、リスクが高くなりますか?
毎回、ツ反陽性だったので、BCGは接種したことがありません。腎不全もあるので気になります。(44歳 女性)

専門家による回答

以前はBCG接種をする前に、乳児にツベルクリン反応を行なっていました。これはごくまれに結核感染している乳児を発見することが目的でした。こうした場合は、接触者は限られ、両親または祖父母が感染源と分かることがほとんどでした。質問者の場合も、接触者のスクリーニングをしたはずですが、見つからなかったので予防内服もしなかったのだと思います。BCG未接種のツベルクリン陽性者でも、必ず結核感染者とは限らないのです。非特異的なアレルギー反応や非結核性抗酸菌感染などで、陽性になることもあります。
質問者の場合は、結核感染者とも非感染者とも、はっきりいえなかったのでBCG接種を受けないまま、現在に至ったと思われます。しかし、結核感染を調べる方法として、当時はツベルクリン反応だけでしたが、今はクォンティフェロンやT-SPOTという別の方法があります。腎不全の程度が判りませんが、乳児期に本当に感染していたなら、今後発病するリスクはゼロとはいえません。
一度主治医に相談してクォンティフェロンやT-SPOTを受けられてはいかがでしょうか?

関連する病気の記事一覧