【Q&A】前段階で食い止めるには?

更新日

加齢黄斑変性の前段階で、ドルーゼン(老廃物)がみられると言われました。
今後、加齢黄斑変性に移行しないよう注意すべき点を教えてください。(75歳 男性)

専門家による回答

ドルーゼンは50歳以上になれば正常な方も約10%に見られるといわれます。遺伝的素因も影響します。ドルーゼンにも硬性ドルーゼン、軟性ドルーゼン、網状偽ドルーゼンなどの種類があり、黄斑変性症の前駆病変として経過観察が求められるのは、軟性ドルーゼンと網状偽ドルーゼンです。前駆病変のある人の場合、注意することは、危険因子である喫煙を中止すること、抗酸化作用のある食物(緑黄色野菜など)の摂取不足にならないことです。
家族歴や片方の目に加齢黄斑変性がある場合、黄斑変性予防のサプリメントの内服摂取、定期的な眼科の受診、線が曲がるなどの自覚症状が生じた際の早期の眼科受診などをお勧めします。

(2016年9月1日(木)放送関連)