【Q&A】変形性股関節症

更新日

変形性股関節症

去年秋に、今まで全くなかった股関節の痛みを感じ、気になり病院に行ってみました。
すると「変形性股関節症」と診断され、痛み止め薬だけいただき数ヶ月がたちました。
痛みがひどくなり再度診察、そしてMRI検査で「リハビリが必要」とされ、3か月がたちました。最近更に痛みが激しくなり大病院へ!47歳ということで、骨切り術はできず、人工股関節はすぐにはできず、「あと10年くらいリハビリをして筋トレをして、ひたすら痛みに耐えるしかない!」という診断でした。やはり、47歳の今、他に方法はないものなのでしょうか?
(子供が3歳で、抱っこをしたがったり、走り回ったり大変な時期でもあります。)
とても悩んでおります。ご返答どうぞよろしくお願い致します。(47歳 女性)

専門家による回答

変形性股関節症の場合、一般的には47歳という年齢は中途半端で、骨切り術も人工股関節置換術も適さないと考えます。しかし、患者さんの股関節の状況によっては骨切り術を選択することもありますし、若くても人工関節を選択することもあります。これらの場合、メリットだけでなくデメリットもよく考えて選択しなければなりませんので、信頼できる股関節外科医を探してご相談いただければと思います。