放送予定 11/19(月)〜11/25(日)

※11月27日時点の情報です

  • 19日(月)
  • 20日(火)
  • 21日(水)
  • 22日(木)
  • 23日(金・祝)
  • 24日(土)
  • 25日(日)

あさイチ

総合テレビ

11月19日(月)

午前8時15分〜9時52分(枠内)

「特集 気づいてスッキリ!女性の発達障害」

今回の特集は「女性の発達障害」。最新の研究や当事者の証言などから、発達障害には女性ならではの困りごとがあることが分かってきました。例えば、女性の発達障害に多いと言われる受け身型。一見、おとなしそうで、外見からは何の問題もないように見えるため、子どものころから困っていても気づかれにくく、大人になってようやく発達障害と診断されるケースが少なくありません。また、女性は生物学的に男性よりも環境適応能力に優れているとされ、周りに合わせようと無理をしすぎて体を壊してしまったり、結婚・出産・子育てといったライフステージごとの生活の変化への対応に苦しむケースも・・・。そもそも発達障害とは何なのか、その中で女性特有の困りごとはどんなものなのか、その正体に迫りながら、解決の糸口を探っていきます。さらに、都内で開かれている“発達障害女子会”に潜入。女子トークの中から、「私はこうして乗り切っている!」という工夫や暮らしのアイデアもご紹介します。

番組ホームページはこちら

すっぴん!

ラジオ第1

11月19日(月)

午前8時05分〜11時50分(枠内)

すっぴん!インタビュー
「“選択的発達者”として生きる」

【聞き逃し】はこちら

出演:市川拓司さん(小説家)
「いま、会いにゆきます」「恋愛寫眞」などで知られる小説家で、自閉スペクトラム症であることを公表している市川拓司さん。
これまでの人生や障害に対する思いを、メディアや作品を通じて伝えてきました。実生活のエピソードや、みずからの発達障害を肯定的にとらえ、どのように小説家という職業に生かしてきたのかうかがいます。


特別企画
「発達障害って何だろう」

【聞き逃し】はこちら

出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
発達障害とはどういうものか、その特性をはじめ、周りの対応・ サポートのあり方など、私たちにできることは何かをうかがいます。

視点・論点

Eテレ

11月19日(月)

午後1時50分〜2時00分
再放送 総合テレビ 20(火)午前3時50分〜4時

「発達障害と共に生きる」

出演:どんぐり発達クリニック院長 宮尾益知さん

きょうの健康

Eテレ

11月19日(月)

午後8時30分〜8時45分

全力サポート!子どもの発達障害
「注意欠如・多動症(ADHD)」

発達障害は障害と言うより個性。第一線の専門医の言葉だ。専門医と共に3回シリーズで発達障害の子どものサポート法を伝える。第1回は注意欠如・多動症(ADHD)。好奇心旺盛で頭の回転が速い子も多いが、注意力不足で衝動的な行動が多い。島根県立大学が行う5日間の行動療法プログラムでは、参加した子ども全員の症状が改善するという成果が出ている。秘けつは子どものほめ方と注意の仕方。症状を改善する処方薬も伝える。

番組ホームページはこちら

ニュースウオッチ9

総合テレビ

11月19日(月)

午後9時00分〜10時00分

キャンペーン 発達障害って何だろう

今晩のニュースウオッチ9では発達障害のピアニスト・野田あすかさんを紹介します。人とのコミュニケーションに悩みがらも、やがて自分の心をピアノで表現できるようになったという野田さん。彼女が奏でる “こころのおと”とは?

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら

あさイチ

総合テレビ

11月20日(火)

午前8時15分〜9時52分(枠内)

ピアニスト・野田あすかさん スタジオ生出演&生演奏

22歳のとき、発達障害とわかった、ピアニストの野田あすかさんが、スタジオ生出演。自作のオリジナル曲を生演奏し、曲に込めた思いや夢をお聞きします。さらに、母親の恭子さんに、発達障害のある子と、これまでどのように向き合ってきたのか、その子育ての経験から学んだことは何かお話しいただきます。

番組ホームページはこちら

すっぴん!

ラジオ第1

11月20日(火)

午前8時05分〜11時50分

こそだてカフェSP
「発達障害・子育ての悩み」

【聞き逃し】はこちら

出演:梅永雄二さん(早稲田大学教授)
火曜パーソナリティのユージさんとともに、番組に寄せられた、育児に関する発達障害へのお悩み、相談にお答えします。

<お知らせ>
来週の27日(火)(午前8時台)にも、発達障害キャンペーン関連企画を放送することが決まりました。
「こそだてカフェ」のコーナーで、「子育て中の親が発達障害」というケースのご相談に対して、早稲田大学教授の梅永雄二さんに回答していただきます。

ハートネットTV

Eテレ

11月20日(火)

午後8時00分〜8時30分

シリーズ 罪を犯した発達障害者の“再出発”
第1回「少年院の現場から」

発達障害への理解や支援が不足する中、“問題行動”を止められず、結果的に犯罪に至る若者も多くいるという。更生のためにはどんな教育が必要か、少年院の現場から考える。

番組ホームページはこちら

きょうの健康

Eテレ

11月20日(火)

午後8時30分〜8時45分

全力サポート!子どもの発達障害
「限局性学習症(LD)」

ある特定の能力だけが低い限局性学習症(LD)。学習症、学習障害とも呼ばれる。なかでも最も多いのが、読むことが困難な「ディスレクシア」だ。このディスレクシアの子どものために開発されたのが「マルチメディアデイジー教科書」。タブレットの画面に文字がハイライト表示され、それを音声で読み上げてくれる。大阪教育大学などが研究したところ、音読する時間が短くなる、読み間違えが減るなどの効果が確認されている。

番組ホームページはこちら

NHKスペシャル

総合テレビ

11月20日(火)

午後11時55分〜0時44分

「自閉症の君が教えてくれたこと」(再)

重度の自閉症である東田直樹さんは、人と会話をすることはできないが、文字盤を使えば豊かな表現力を発揮する。世界的にもまれな存在である。24歳になり、プロの作家となった東田さんは今、自閉症のみならず、さまざまなハンディを抱える人たちがどう幸せを見つけていけばいいのか、エッセイや小説を書いている。前回の番組後、ガンを患い、自らもハンディを抱えることになったディレクターの視線で描く感動のドキュメンタリー。

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら

あさイチ

総合テレビ

11月21日(水)

午前8時15分〜9時52分(枠内)

災害と発達障害

今年、全国各地で頻発する水害や地震などの災害。その際、発達障害のある人や家族は、特別な困難を抱えてしまうことがあります。今年9月に起きた北海道の地震で、自宅の車に避難した家族が経験したのは、発達障害のある子どもが家に帰れなくなってしまったということ。家が怖いところだとインプットされてしまったのです。そうした不安をどうすれば取り除くことができるのか。母親が行った工夫を通して、災害時、発達障害のある人にはどんな支援が必要なのかを考えていきます。

番組ホームページはこちら

u&i

Eテレ

11月21日(水)

午前9時00分〜9時10分

#4「なんで覚えられないの?(読み書きの苦手)」

『u&i』は、多様性への理解を深めるこども番組。第4回目のテーマは「読み書きの苦手」。約7%の児童が持つと言われる学習障害:LDを始めとして、知的に問題がないにも関わらず、文字を読んだり書いたりすることに苦手を抱える子どもは多いものの、努力が足りないと勘違いされることも。苦手をいかに克服するかだけでなく、得意なことをいかに活かすか考える議論を通じ、多様性を認め、共生していくための思考力を養う。

番組ホームページはこちら

ラン×スマ〜街の風になれ〜選

総合テレビ

11月21日(水)※関東甲信越(茨城を除く)以外で放送

午前11時05分〜11時30分

「キラリ!市民ランナーファイル第2弾」

初夏の湘南ビーチを駆ける大会で「親子ラン」に密着!コミュニケーションが難しいなど、発達障害がある子どもと、親が一緒に走る取り組みに迫ります。走ることで、のどが渇いたり、おなかが空いたり、刺激を受けて表情が豊かになる子どもたち。練習開始からレース本番まで、その変化をカメラが見つめます。家族一緒に走ることで感じる楽しさ、走りきることで達成感を味わうことの大切さ。その喜びは、すべての親子に通じます。

番組ホームページはこちら

ごごナマ

総合テレビ

11月21日(水)

午後2時05分〜2時55分

「発達障害を知る ふつうってなんだろう?」

「発達障害」って何だろう。本人はどんな気持ちでどんな苦手と向き合っているのか。私たちはどう理解し、接したらよいのか。身近な例や日常の場面から、みんなで考えよう。

番組ホームページはこちら

ハートネットTV

Eテレ

11月21日(水)

午後1時05分〜1時34分

「続・自閉症アバターの世界 解放の地を探して」(再)

バーチャル空間『セカンドライフ(SL)』。ここに自閉症の当事者たちが集う自助グループがある。昨年ハートネットTVは、米国の社会学者・池上英子教授が初めてアバターを操る本人に会う、アメリカ横断の旅に密着。放送をきっかけに、今日本でも自閉症の人たちがSLで「当時者の会」を開こうと新たな動きが始まっている。中心の朋さんは「日本では仮想空間であっても障害を明かせない」と感じ、初めての開催に向け挑戦する。

番組ホームページはこちら

ハートネットTV

Eテレ

11月21日(水)

午後8時00分〜8時30分

シリーズ 罪を犯した発達障害者の“再出発”
第2回「出所、そして社会へ」

罪を犯した発達障害者の中には、刑務所や少年院をでた後も、障害への適切な支援を受けられず、結果として再び罪を犯す人も少なくない。どうすれば再犯を防げるのか考える。

番組ホームページはこちら

きょうの健康

Eテレ

11月21日(水)

午後8時30分〜8時45分

全力サポート!子どもの発達障害
「自閉スペクトラム症(ASD)」

自閉スペクトラム症(ASD)の子どもはいじめられたり不登校になったりしやすい。それを防ぐためには「療育」(治療教育)などで、対人関係の対処法を学ぶことが重要だ。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群などが含まれる自閉スペクトラム症(ASD)。「コミュニケーションの障害がある」、「強いこだわりがある」という2つの特徴を持つ。この特徴のため、友達との間にトラブルが発生しやすく、いじめや不登校などが起こりやすい。こうしたことを防ぐためには、「療育」(治療教育)などにより、子どもがコミュニケーション能力を身につけ、対人関係における対処法を学ぶことが大切となる。

番組ホームページはこちら

クローズアップ現代+

総合テレビ

11月21日(水)

午後10時00分〜10時25分

「企業が注目!発達障害 能力引き出す職場改革」

15人に1人ともいわれる発達障害。高い能力を持っていてもコミュニケーションが苦手なことなどから職場で孤立しがちだった。しかしいま、人手不足に加え、きちんと能力を引き出せば大きな戦力になることから企業のニーズが高まっている。なかには発達障害の人材活用に成功し業績アップにつなげるIT企業も現れた。ポイントは、障害の特性にあわせて社内環境を変えたり柔軟に休暇が取得できたりする多様な働き方を受け入れるきめ細かな配慮だ。他にも、特定の仕事だけを担当させられたりして意欲を失う人が多かった反省から、キャリアアップの道を開いた衣料関連の会社も登場するなど、能力を引き出すノウハウが蓄積され始めている。企業で潜在能力を発揮し始めた発達障害者の姿を紹介する。

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら

おはよう日本

総合テレビ

11月22日(木)

午前7時台

「発達障害 “お困りごと”が明らかに」

「発達障害の人たちは日ごろどんなことに困っているのか。」今、国立障害者リハビリテーションセンターが当事者の声を集めるアンケート調査を行っています。今月はじめにあった中間報告によると、発達障害の人は、特定の音が高く聞こえてしまうといった「聴覚」の問題、特定の字や色が読みにくい「視覚」の問題、触れるものに痛みを感じてしまう「触覚」の問題など、「感覚過敏」と言われる共通の問題を抱えていることが分かってきました。当事者が直面している「生きづらさ」の具体例をご紹介し、発達障害とどう向き合っていけばよいのか、ヒントを探ります。

番組ホームページはこちら

あさイチ

総合テレビ

11月22日(木)

午前8時15分〜9時52分(枠内)

反響編

19日から21日にかけて発達障害に関する様々な情報をお伝えするなかで、これまでに1000通以上のメール・ファックスが寄せられ、数多くの質問も届いています。その疑問・質問に、専門家にお答えいただきます。

番組ホームページはこちら

ウワサの保護者会

総合テレビ

11月22日(木)※首都圏、東北地方以外で放送

午前11時05分〜11時29分

「発達障害かも…どうすれば?」(再)

「うちの子もしかして発達障害?」子どもが困っているのを助けたい一方で、病院に行くことが本当に子どものためなのかと悩む保護者もいる。判断に迷うときできることとは?落ち着きがなく、授業に集中できない。友達とのコミュニケーションが難しい。がんばっても学習成果が上がらない。発達障害の特性は「個性」とはっきりと区別する境界線がないため、保護者は疑問を感じながらも、そのままの状態でもんもんと悩むケースが多い。スタジオには、そんな悩みを今抱える当事者と、かつて同じ経験をした保護者たちが集まり、どんな心構えで子どもたちに寄り添えばいいのか、じっくりと話し合っていく。

番組ホームページはこちら

所さん!大変ですよ

総合テレビ

11月22日(木)

午後8時15分〜8時43分

「誕生!?伝統工芸の救世主」

後継者不足に悩む染め物工房に救世主人が現れた。その人物は人とかかわるのが苦手な発達障害。接客業などは長続きしなかったが、自分の特性を発揮できる職人の世界で才能が花開いたという。調べてみると、困難に立ち向かいながら様々な分野で活躍する「ある種の天才」たちは他にもいることが判明。番組では、発達障害の子供を持つ親にも密着。子供のやる気を伸ばす教育の本質が浮かび上がる。ゲストは棋士の加藤一二三さん。

番組ホームページはこちら

きょうの健康

Eテレ

11月22日(木)

午後8時30分〜8時45分

あの人の健康法「栗原類」

各界を代表する人たちに健康の秘けつや闘病記・障害との向き合い方を聞く「あの人の健康法」。今回はモデル・俳優の栗原類さん。実は栗原さんは8歳のときに「発達障害」であることが分かり、その影響は、大きな壁となってきた。特に少年時代の栗原さんは、コミュニケーションや記憶の障害に悩まされたという。しかし、母や主治医のあるアドバイスに支えられ、徐々に活動の場を広げていった。どう発達障害と向き合ってきたのか?

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら

インタビューここから「武田双雲」

総合テレビ

11月23日(金・祝)

午前6時30分〜6時53分

書道家の武田双雲さん。大河ドラマ「天地人」の題字をはじめ、豊かな感性による書は国内外で高い評価を得ている。2年前、発達障害の一つ、ADHD(注意欠如・多動症)の可能性があると公表した。その後、「楽になった」という双雲さん。今、書にとどまらない新たな芸術への挑戦を開始した。双雲さんの創作の源は何か。また、発達障害に悩む人たちへのメッセージを伺う。

番組ホームページはこちら

すくすく子育て×ウワサの保護者会(再)

総合テレビ

11月23日(金・祝)※四国地方では別番組を放送

午前11時00分〜11時54分

「ちゃんと知りたい!子どもの発達障害」

乳幼児の子育てについて専門家と考える「すくすく子育て」。小・中学生の保護者が子育てや教育について語り合う「ウワサの保護者会」。ふたつの番組が、「子どもの発達障害」をテーマに初のコラボです。「もしかして発達障害?」「小学校はどうやって決める?」「親としてできることは?」など、乳幼児期から小学校に上がる頃の悩みについて、すくすくママと先輩ママ、そして専門家がとことん本音で語り合い、考えます。

番組ホームページはこちら

ドキュランドへようこそ!

Eテレ

11月23日(金・祝)

午後10時00分〜10時49分

「オレグの自立〜発達障害と向き合う青年の物語〜」

自閉症のオレグは、ロシアに暮らす21歳。病に理解がない母親にスパルタ教育を受けて育つが、劇団に入ったことを契機に同世代の友人の輪をつくり、親からも自立していく。「あなたは怠けているだけ」「頑張れば普通になれる」と、母のマリナから常に厳しい言葉を浴びてきたオレグ。内気で心優しき青年は、劇団でも同世代の女子たちを前にドギマギするばかり。だが、ドンファンの主役に抜擢され、心を開ける友ができたことで自信をつけていく。

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら

ウワサの保護者会

Eテレ

11月24日(土)

午後0時30分〜0時54分

「発達障害かも…どうすれば?」(再)

「うちの子もしかして発達障害?」子どもが困っているのを助けたい一方で、病院に行くことが本当に子どものためなのかと悩む保護者もいる。判断に迷うときできることとは?落ち着きがなく、授業に集中できない。友達とのコミュニケーションが難しい。がんばっても学習成果が上がらない。発達障害の特性は「個性」とはっきりと区別する境界線がないため、保護者は疑問を感じながらも、そのままの状態でもんもんと悩むケースが多い。スタジオには、そんな悩みを今抱える当事者と、かつて同じ経験をした保護者たちが集まり、どんな心構えで子どもたちに寄り添えばいいのか、じっくりと話し合っていく。

番組ホームページはこちら

地球ドラマチック

Eテレ

11月24日(土)

午後7時00分〜7時44分

「泳げ!ハンマーヘッズ〜ちょっと特別な僕らの水泳部〜」

2歳で自閉症と診断されたマイキーは、幼いころから泳ぐことが大好き。発達障害の子供たちの水泳チーム「ハンマーヘッズ」で活躍中だ。感情のコントロールに悩む子や、集団行動が苦手な子…。どんな子にも粘り強く向き合うコーチたちのもと、青年たちは水泳を通して自尊心を持ち、驚くべき成長を見せる。チームの目標は「スペシャルオリンピクス」で金メダルを取ることだ。果たして夢は実現するか?(アメリカ2017年)

番組ホームページはこちら

発達障害って何だろうスペシャル

総合テレビ

11月24日(土)

午後9時00分〜9時49分

発達障害があるエッセイストの小島慶子さん、落語家の柳家花緑さん、漫画家の沖田×華(ばっか)さんのプライベートに密着。自身の「苦手」とどう向き合い、どう折り合いをつけているのか、たっぷり語っていただきます。さらに、発達障害のある人を多く雇用している企業の工夫もご紹介。この機会に、「発達障害とは何か」「周囲の人は何ができるのか」を一緒に考えてみませんか?
MCは千原ジュニアさん、南沢奈央さん。

番組ホームページはこちら

今夜も生でさだまさし

総合テレビ

11月25日(日)

午前0時05分〜1時35分(土曜深夜)

ミュージシャン・さだまさしさんが、ラジオのディスクジョッキースタイルで送る生放送トーク番組。さださんが豊富な知識と経験、幅広いネットワークを使って、視聴者から寄せられた質問や悩みにこたえていきます。
今回は、石川県・NHK金沢放送局から!!

番組ホームページはこちら

u&i

Eテレ

11月25日(日)

午前1時00分〜1時30分(土曜深夜)

アンコール

#1「授業に集中したいのに…(感じ方のちがい)」(10/10)

#3「どうしたら上手くできる?(協調運動の困難)」(11/7)

#4「なんで覚えられないの?(読み書きの苦手)」(11/21)

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら

目撃!にっぽん 選

総合テレビ

11月25日(日)

午前6時15分〜6時50分

「“心の街並み”を描く〜アーティストAju〜」

0.05ミリのペン先から生み出される、大阪の古墳群やビル街の風景。女性アーティストAjuは、心に焼き付けた景色を、下書きもせず描き上げていく。絵を始めたきっかけは大学生の時、医師から「アスペルガー症候群」と告げられたこと。自分を否定し傷つけたが、ペンを握る時は無心になれた。これまで人の顔を描くのは苦手だったが、大好きな「ひこうき先生」のために人物画に挑む。一歩一歩前に進む、その姿に密着。

番組ホームページはこちら

バリバラ

Eテレ

11月25日(日)

午後7時00分〜7時30分

「2人の怒れる男」

怒りのコントロールが苦手なため、学校でうまくいかない子どもたちが主人公。お笑い芸人やラッパーなどのユニーク講師たちとともに、怒りをまろやかにする方法を実践する。今回は“怒れる子どもたち”が主人公。ちょっとしたことで怒りが爆発してしまうため、学校でうまくいかず悩んでいる。本人たちは怒った後で自己嫌悪に陥っているが、その葛藤はなかなか知られることなく、理解は得づらいままだ。そこで、“ポジティブ芸人”井上裕介(NON STYLE)と、ラッパーの晋平太が、スペシャル講師として子どもたちを訪問!感情をコントロールして怒りをまろやかにする方法を、ともに実践する。

番組ホームページはこちら

アニメシリーズ
「ふつうってなんだろう?」

総合テレビ Eテレ

総合テレビとEテレで随時放送

番組ホームページはこちら