肝がん・肝臓がんの合併症・関連病気(1/1ページ)

肝臓がんになる危険性は、B型やC型の肝炎ウイルスに感染していると高くなるので、一度は肝炎ウイルス検査を受けることがすすめられます。肝臓がんは、以前は治療が難しいとされてきましたが、治療法は進歩していて、安全性も向上しています。