心不全の原因(1/1ページ)

心不全は、心臓の機能が落ちて、十分な血液を全身に送り出せなくなった状態です。原因は狭心症や心筋梗塞のほか、心臓の筋肉に障害が起こる心筋症、心臓の弁に障害のある心臓弁膜症などですが、高血圧の人は心肥大から心不全になりやすいと言われています。