過敏性肺炎の病気・症状解説(1/1ページ)

過敏性肺炎は、アレルギー性の肺炎です。最も多い原因は、鳥の羽毛についた細かいたんぱく質や鳥のふんです。次に多いのが、浴室など湿気の多い場所の木に生える白カビ「トリコスポロン」です。こうしたごく小さな原因物質は、空気と一緒に、肺の奥の細気管支や肺胞(はいほう)にまで入り込むため、これを異物とみなして免疫の働きでリンパ球が増え、肺に炎症が起こります。予防や治療には、原因物質を避けることが第一です。