インフルエンザの治療(/ページ)

典型的なインフルエンザでは、38度以上の発熱、鼻水、のどの痛み、せき、関節痛などが起こり、高齢者や乳幼児などがかかると、肺炎やインフルエンザ脳症などを起こすことがあります。抗インフルエンザ薬を早期に使うと発熱する日数を1日減らしたり重症化を防ぐ効果があります。