てんかんの検査・検診(1/1ページ)

てんかんは、突然、脳が興奮して発作が起きる病気で、手足がひきつったり、意識がなくなるなど、さまざまな症状が起こります。子どもの時に発症することが多く、てんかん発作が続くと脳の発達が妨げられるので、少しでも早く診断して、適切な治療を開始することが重要です。