潰瘍性大腸炎の治療(1/1ページ)

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症が起こる病気で、激しい下痢が起こり血便が出るようになります。重症化して潰瘍ができると強い腹痛や発熱が起こります。働き盛りの20~40代に発症のピークがあります。一度発症すると完治が難しく、国の指定難病になっています。