慢性腎臓病(CKD)の予防・自己対策(1/1ページ)

慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが障害され続け、腎臓の働きが低下していく病気の総称です。老廃物や水分を排出する働きが低下して、心筋梗塞、脳卒中、認知症の危険性が高まります。進行するとだるさ、むくみ、頭痛などの症状が現れます。糖尿病、高血圧の人は危険性が高いので注意が必要です。