加齢黄斑変性の病気・症状解説(1/1ページ)

加齢黄斑変性は、加齢に伴い網膜の中央にある黄斑が障害されることで、視力が低下する病気です。喫煙者に多く、家族に加齢黄斑変性の人がいるとなりやすいと言われています。視野の中心部がゆがんで見えたり、中心が薄暗く見えたりする場合は、眼科で詳しい検査を受けることがすすめられます。