腰痛の病気・症状解説(1/1ページ)

腰痛は腰が痛くなる病気の総称で、様々な病気が含まれます。最も多いのは腰痛症やぎっくり腰などと呼ばれる急性腰痛で、腰の関節や筋肉の炎症が原因と考えられています。こうした腰痛は深刻ではない場合が多く、痛みを抑える治療が行われます。急性腰痛は安静にするよりも、可能な範囲で動く方が回復が早いことがわかっています。