五十肩の病気・症状解説(1/1ページ)

40~50代に多い五十肩は、肩の組織が老化した状態でスポーツなど活動的な生活を送ることにより、肩への負担が大きくなって起こると考えられています。痛みが強い時期を経て、肩が動かしにくくなりますが、一年程度で痛みが軽減して動かしやすくなり、自然に治ることが多い病気です。