レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は「レビー小体」という異常なたんぱく質の塊が脳の中に出現して起こります。「レビー小体」の出現が広がるにつれ、幻視や大声での寝言などさまざまな症状が現れるのが特徴です。

レビー小体型認知症の病気・症状解説(1記事)

レビー小体型認知症のセルフチェック(1記事)

レビー小体型認知症の治療(1記事)