多発性硬化症

多発性硬化症は、脳や脊髄などの中枢神経に炎症が起き、手足のしびれ、視力障害、認知機能低下などさまざまな症状が出る、国の指定難病の一つです。原因は、中枢神経に巻き付く「ミエリン」の損傷による、電気信号の伝達の障害。発見や治療が遅れると、歩行が困難になることもある要注意な病気です。