ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは、夏に流行しやすく子どもに多いウイルス性の感染症で、主に口やのどに、痛みを伴う小さな水ほう(水ぶくれ)や潰瘍ができます。また、突然38℃以上の高熱が出ることがあります。