インフルエンザ脳症

インフルエンザの合併症で、嘔吐やけいれん、意識障害、異常行動などが起き、死亡することもあります。1年に60~100人が発症、子どもに多く成人にも見られます。炎症性サイトカインの増加が起きていますが、発症メカニズムはまだよく分かっていません。