ウイルス性肝炎

毎年、肝臓がんで亡くなる人の8割以上がC型肝炎・B型肝炎などのウイルス性肝炎によるものといわれています。自覚症状が出にくく、肝硬変・肝臓がんへと進行することがあります。しかし最近では、薬の進歩により、特にC型肝炎は治る病気になってきました。

ウイルス性肝炎の病気・症状解説(2記事)

ウイルス性肝炎の原因(1記事)

ウイルス性肝炎の検査・検診(1記事)

ウイルス性肝炎の治療(2記事)