肝硬変

肝硬変は、肝炎が長くつづいた結果、肝臓に線維組織がたまっていく「線維化」が進行した状態です。肝硬変になった肝臓はかたく、表面がでこぼこした状態になります。肝臓の正常な働きができなくなり、さまざまな合併症を伴います。