胃潰瘍

胃潰瘍は、胃の粘膜や組織が傷つく病気です。出血してしまうこともあり、重症の場合は、胃の壁に穴があいたり、胃の出口が狭くなり食べ物の通りが悪くなることもあります。自覚症状には個人差があり、大きな潰瘍ができても痛みを感じない人もいます。