慢性腰痛

慢性腰痛は、腰痛が3か月以上続いている状態です。小学生から高齢者まで幅広く見られますが、特に30?50代の都会の事務職に多く、その理由は高いストレスだと考えられています。ストレス・うつ・不安などにより、体からくる痛みの信号を抑える脳の中の仕組みが働きにくくなってしまうためだと考えられています。