加齢性難聴

加齢性難聴は、音の振動を電気信号に変換している耳の中の有毛(ゆうもう)細胞が加齢によって徐々に壊れ、高い音から聞こえにくくなる病気です。悪化させる原因として、糖尿病、高血圧、動脈硬化、喫煙、過度の飲酒、騒音などがあります。

加齢性難聴の病気・症状解説(2記事)

加齢性難聴の原因(1記事)

加齢性難聴の治療(3記事)

加齢性難聴の予防・自己対策(1記事)