マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は、健康な子どもや若い人に多い肺炎で、「マイコプラズマ」という病原微生物の感染が原因です。軽症で済むことが多いのですが、重症化すると、まれに呼吸困難になることがあります。また、ペニシリン系の抗菌薬が効かないため、早めに発見し適切な治療をすることが大切です。強いせきが長引いたら、早めに受診しましょう。

マイコプラズマ肺炎の病気・症状解説(1記事)

マイコプラズマ肺炎の原因(1記事)