肺炎

肺炎は、肺に炎症が起きる病気です。原因は、細菌やウイルスなどの病原微生物の感染や、病気の合併症、薬の副作用、アレルギーなどさまざまです。肺炎で亡くなる人は、年々増加しており、2011年以降、がん、心臓病に次いで、肺炎が日本人の死因の第3位となっています。高齢者や持病のある人は、肺炎にかかりやすく重症化しやすいため、特に注意が必要です。