摂食嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)

摂食嚥下障害は、食べ物や飲み物をかんだり飲み込んだりする機能が低下した状態です。飲み込むときには、喉頭蓋(こうとうがい)というふたが気道を塞ぎ、食べ物や飲み物が気道に入らないようにする動きが起こります。こうした動きが脳卒中後のまひや加齢などによりスムーズに行えなくなると、食べ物や飲み物が誤って気道に入る「誤嚥(ごえん)」が起きて、「誤嚥性肺炎」になる危険性があります。