機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシアは、胃もたれ、胃の痛みなどとの症状が慢性的に起こり、画像検査で異常が見られない状態を総称した病名です。自律神経のバランスが乱れることで、胃の働きがおかしくなることが原因と考えられています。