(1/3ページ)

目は「見る働き」をする知覚の器官です。“物を見る”ことができるのは、光が眼球の角膜や水晶体を通過して網膜に届き、そこで電気信号に変換され、視神経を経て脳に伝わるからです。目に関する病気として「緑内障」や「糖尿病網膜症」、「白内障」などがあります。