「人が怖い」「視線が気になる」と感じる社交不安症の症状や治療法

更新日

社交不安症とは

社交不安症とは
社交不安症とは

社交不安症は、人と関わるさまざまな状況で強い不安を感じ、日常生活に支障を来すようになる病気です。かつては「対人恐怖症」と呼ばれていました。

社交不安症には、人前で顔が赤くなるのが怖い(赤面恐怖)、人前で話すのが怖い(スピーチ恐怖)、視線が怖い(視線恐怖)、人前で文字を書くと手が震える(書痙(しょけい))などのさまざまな症状があります。社交不安症では、人前で何かを行うときに極度の不安を感じ、それに伴って、発汗、震え、赤面などの症状が現れます。そのため、不安を生じさせる場面を回避するようになります。学校や職場に行けない、家から出られないというような状態になると、毎日の生活に支障を来してしまいます。そのままにしているとうつ病やアルコール依存症を併発することもあります。

社交不安症 悪循環のメカニズム

悪循環のメカニズム

社交不安症のある人は、不安や緊張を隠そうと自分に注意を向け過ぎると、不安や緊張がよけいに大きくなります。やがて、人と接することを避けるようになると、人と接する際の不安や緊張がさらに大きくなります。こうして強い不安を感じる悪循環に陥ります。

社交不安症の治療

薬物療法と認知行動療法があります。なかでも高い有効性を示すのが認知行動療法です。認知行動療法は、こころの病気につながっている考え方の行動パターンの偏りを修正し、バランスをよくし、それにより症状を改善していくものです。また、バランスのとり方を身につけることでストレス対処能力が高くなり、再発予防にも役立ちます。社交不安症かもしれないと思った場合は、精神科、心療内科、メンタルクリニックなどを受診することが勧められます。

社交不安症のための認知行動療法の例

人前に出るのが怖いCさんの例

・Cさん 大学生
・授業で大勢の前で発表したとき、緊張でことばが出なくなる経験をした
・"みんなあきれて笑っているはずだ"と思うと人前で話すことがつらくなる
・家に引きこもるようになってしまった

考え方(認知)や行動のパターンの偏りを修正していく2つの方法、「ビデオ・フィードバック」と「人に道を聞く行動実験」を紹介します。本人のできる範囲で行い、周囲の人は無理強いしないでください。

ビデオ・フィードバック

ビデオ・フィードバック

人前で話すなど、自分が不安や緊張を感じる場面を動画で撮影し、自分を客観的に観察する。実際は自分が考えていたような状態ではないということを確認することで、自己イメージに対する認知の偏りを修正していく。

動画のなかの自分を「他人だ」と思って客観的に見ると、自分がイメージしていたほど顔は赤くないし、大粒の汗も流れていない。震えも目立たない。「頭の中でできた自己イメージが悪すぎた」「これなら人並みだ」と気付く。

人に道を聞く行動実験

社交不安症のある人は最悪な事態を予想しがちだが、実際にはそうならないことをこの体験を通して学んでいく。はじめに、知らない人に道を聞いたとき、最悪の場合どのようなことになるかを想像する。例えば「ばかにされる」「無視される」などが考えられる。実際に行動をしたときに、本当にそういったことが起こるかどうかを検証する。

【1】「安全行動」をしないようにする
社交不安症があると、人と目を合わせることを避けて下を向いてしまうなど、社交不安が生じる場面を避けたり、できるだけ不安を感じないように行動してしまう。こうした行動を「安全行動」という。安全行動をしていると相手の反応がわからなくなる。

≪安全行動の例≫
・相手と視線を合わせず下を向く
・早口でまくしたてるように話す

【2】自分ではなく、相手に注意を向ける
自分の顔が赤くなっていないか、汗をかいていないかなどを気にしすぎる(自分のことに注意を向けすぎる)ことがないように、相手の髪型や服装などに注意を向けるとよい。

【3】結果を確認する
道を尋ねられた人は、ほとんどの場合、親切に道を教えてくれて、予想したような最悪のことは起こらないということを確認する。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2019年5月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら