腰痛改善!インナーマッスルを鍛えて腰に良い姿勢を維持

更新日

インナーマッスルを強化!姿勢を保つ筋トレ

腰に負担をためないためには、「腰によい姿勢」をとることが大切です。しかし、その姿勢も、体の深い位置にある筋肉「インナーマッスル」が鍛えられていないと保つことができないのです。姿勢を保つために重要となるインナーマッスルは、「腹横筋」と「多裂筋」です。この2つの筋肉を鍛える運動をご紹介します。

腹横筋を鍛える「ドローイン」

【回数】
・1回10秒以上 1日合計3分(3日に1回程度から)

多裂筋を鍛える「手脚上げ運動」

【注意点】
・腰部脊柱管狭窄(さく)症の人は脚を上げすぎないでください。

【回数】
・1日1~3セット【1セット=左右10秒~を3回】
(3日に1程度から)

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2019年4月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら