狭心症では「カテーテル治療」か「バイパス手術」を検討

更新日

狭心症の治療

狭心症の症状が、薬を使っても改善しなかったり、悪化したりする場合は、カテーテル治療やパイパス手術が検討されます。

カテーテル治療

カテーテル治療

カテーテル治療は、カテーテルという細い管を使い、冠動脈の狭くなった部分を内側から広げる治療法です。カテーテルの先端には「ステント」という網目状の筒が折りたたまれた状態で装着されています。これを太ももや手首の動脈から冠動脈の狭さく部まで送り込み、カテーテル内を通して風船を広げます。血管を広げたら、ステントを植え込んで拡張状態を維持させます。

ステントが使われるようになった当初、ステントを入れた部分で免疫反応が起こり、血管内膜が増殖して血管が再び狭くなる「再狭さく」が、1年以内に2~3割の人に起きていました。この内膜増殖を防ぐため、表面に薬がコーティングされた「薬剤溶出性ステント」が登場すると、その確率は数パーセント程度に下がっています。

ステント血栓症

ステントを入れると、血栓がつきやすくなるため、血栓で血管がふさがってしまう「ステント血栓症」のリスクがあります。そのため、抗血小板薬(アスピリン、クロピドグレル、プラスグレルなど)という、血液をサラサラにする薬を服用し続けることが必要です。

また、ステントは一度入れると取り出せないため、体内につねに異物として残り、そこに慢性的な炎症が起きてしまいます。これにより、ステントを入れた部分で新たな動脈硬化が起こる可能性があります。ステントを長年使っていると、血管の動きによって折れ、詰まりやすくなることがまれに起こります。

バイパス手術

バイパス手術は、冠動脈の狭くなっている部分には手をつけず、体のほかの場所の血管(グラフト)を使って、狭くなった血管の先に別の血管をつなげ、新たな血液の通り道(バイパス)をつくるものです。
健康な血管を使ってバイパスがつくられるので、心臓の状態を一気に改善できるメリットがあります。

狭心症治療の選択

狭心症治療の選択

カテーテル治療とバイパス手術、どちらを選択するかは、患者さんの希望のほか、「狭さくのある場所」「狭さくの数」「年齢」「持病」などを考慮して検討されます。
血管が狭くなっている場所が複数だったり、太い場所が詰まっていたりする場合、心臓の筋肉の広い範囲に血流不足が起きてしまうため、バイパス手術が検討されます。
高齢の場合は、手術による体の負担を考慮してカテーテル治療を選択されることが多くあります。重い糖尿病だったり、腎臓病で透析をしていたりする場合は、冠動脈全体が悪い状態であることが多いため、一度に状況を改善させるバイパス手術が優先されることがあります。脳卒中などそのほかの病気があるときはカテーテル治療が優先されます。

『Q&A狭心症』はこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    心臓を守りたい「狭心症の治療」