【患者体験談】舌下免疫療法で完治をめざす「花粉症」

更新日

花粉症になったとき -私のチョイス-

完治をめざす「舌下免疫療法」

Aさん(48歳・女性)は、30年以上前から花粉症に悩んでいました。
毎年、スギ花粉が飛ぶ季節になると、鼻水や鼻づまり、目・のど・耳のかゆみのために、ティッシュを箱ごと持ち歩き、夜もまともに眠ることができないほどでした。外に出るときには、洗濯物を干すなどの僅かな時間でもマスクとゴーグルが必要でした。市販の薬をのんでいましたが、症状はなかなか軽減しませんでした。

そこで耳鼻咽喉科で相談したところ、「舌下免疫療法」を勧められました。舌下免疫療法は、スギ花粉が入ったエキスを舌の下から、ほんの少しずつ体に吸収させて、次第にアレルギー反応を減らしていく治療法です。スギ花粉が含まれた液状の薬を1日1回2分間舌下で保ちます。3~5年も治療を続ける必要がありますが、花粉症の根治をめざすことができる唯一の治療法と知り、Aさんは舌下免疫療法を受けることにしました。

ゴーグル姿から解放!

舌下免疫療法は、スギ花粉が飛んでいない時期に開始する必要があります。Aさんは花粉シーズンが終わってからさっそく治療を開始しました。

3年間治療を続けたところ、スギ花粉が飛ぶ季節になっても、鼻水や鼻づまりに悩まされることがなくなり、マスクやゴーグルもいらなくなりました。花粉症のためにあきらめていた大好きな花見にも、行けるようになったのです。
Aさんは完治を目指して、さらに2年、合計5年間この治療を続ける予定です。

便利な「錠剤タイプ」も

医学生のBさん(女性)もスギ花粉症です。鼻水やくしゃみなどの症状がでたときは、医療機関で処方された抗ヒスタミン薬をのんでいました。しかし舌下免疫療法の錠剤タイプが2018年から保険適用になったことを授業で知り、この治療を開始しました。

錠剤タイプになったことで、液状タイプよりも使いやすくなりました。液状の場合、冷蔵で保管する必要がありましたが、錠剤は常温でよく、舌下にとどめる時間も、液状では2分間でしたが、錠剤では1分間と短くなっています。

Bさんの場合、スギ花粉症だけでなくダニのアレルギーもあったため、スギとダニ、両方の舌下免疫療法を行っています。舌下免疫療法は通常3~5年ほど続けますが、1年程で効果を実感できる場合もあると知り、Aさんは次の花粉シーズンにどのくらい改善しているか、楽しみにしています。