「発達障害って何だろうスペシャル」未公開映像⑤ 小島慶子さんが自分の発達障害について子どもたちに聞きました

更新日

発達障害のひとつ、ADHDの診断を受けたことを公表しているタレント・エッセイストの小島慶子さん。現在、オーストラリアで夫と、高校1年生の長男、中学1年生の次男と暮らしています。自分の発達障害についてどう思っているのか、普段、一緒に生活していて困ることはないか、子どもたちに聞きました。

小島

障害だからなのか、性格だからなのかは、実はママにもよくわからないんだけど、でもまあ一緒に暮らしててここ大変だなあ、ママのここ大変だなあっていうのはどういうとこ?

次男

そんなないよ、本当のこというと そんなないけど、やっぱり準備しているときちょっと遅いくらい。それ、それぐらいだけ。別にほかには、何も困ってることがないから、ママがやっていることで

長男

僕はたまーに、例えばパソコンがちゃんと動かないって感じですごい怒っているときに、もうちょっと落ち着いて聞いてくれれば俺すぐ直せるのになって思うときとかたまにある

次男

例えば、パソコンをたたかないとか

小島

(うなずく)君たちは、私との接し方で、なにか気をつけていることとか、心がけていることとかってある?

長男

日常的には、そんなに気にしてはいないけど。でもたまに焦ってるときとかは、それ以上にストレス加えないようになるべく言うことをシンプルに少なく伝えるようには頑張ってるけど、でもそれぐらいかな

小島

ありがとう そうだよね それはね

次男

僕も同じ

小島

同じ うん、そっか またもし何か困ったこととか、これどうしてこうなっちゃうんだろうっていうことがあったら言ってね

次男

OK

長男

わかった

小島

ありがとう ありがとう