【ふつうってなんだろう?#2 アスペルガー症候群】ユウ(18)のふつう

更新日

アスペルガー症候群への無理解から怒られ続け、うつと睡眠障害に悩む高校生・ユウさんの「これからの夢」とは?
総合テレビ・Eテレで随時放送中

※この番組では、発達障害の当事者ご本人に、自らの独特な感じ方や周囲との摩擦の内容を語って頂き、その内容をアニメで表現しています。
表現の内容や方法は、当事者ご本人とアニメーターさんがやり取りをして、作っていきました。

いっしょに制作して

当事者・ユウさんから

ユウです。今回は素敵な企画に参加出来てとても嬉しかったです。目に見えづらい障害を目に見えやすくすることは私の夢でもあったので、アニメーターの方と一緒にこんな素晴らしい形で夢を一つ叶えられて良かったと思います。発達障害に生まれて確かに苦しいことは多いですが、こうして私の経験がアニメーションになり、テレビで伝えられ役に立つのであれば、悪いことばかりではないと思えました。大好きな青いコスモスにもすぐ気づきました。皆様本当にありがとうございました。

アニメーター・水江未来さんから

「ふつうってなんだろう?」という問いは、全ての人が常に考えていく事なんだと思います。考えれば考えるほど、「ふつう」とは何なのか簡単には答えることが出来なくなります。そして、それは少しずつ他人の心を理解していくことに繋がっていくのだと思います。青いコスモスは希望と祈り。様々な服があるように、私たちも一人一人が違って良いはず。私はこのアニメが、夢に向かって踏み出しているユウさんへの「GIFT」になればと思い制作しました。

アニメーション作家:水江未来
多摩美術大学大学院デザイン専攻修了。アニメーション作家・イラストレーター。「細胞」や「幾何学図形」をモチーフにした短編アニメーションを多数制作。現在は初の長編アニメーション「水江西遊記(仮)」を製作中。