肺がんの一種「小細胞がん」の進行速度に合わせた薬での治療法

更新日

小細胞がんの治療

小細胞がんは進行度によって「限局型」「進展型」に分けられます。「限局型」は、がんが肺の中にとどまっているか、リンパ節転移があっても、肺と肺の間のリンパ節までの状態です。一方、「進展型」は、限局型の範囲を超えてがんが進んでいる状態です。

小細胞がんの治療は、タイプによって異なります。「限局型」の場合、主に、放射線治療と化学療法を併用します。「進展型」の場合は、化学療法が行われます。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年9月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    がん征圧月間 解決!肺がんの疑問「最新!薬の治療」