肺がんの疑いが出た場合の検査方法とは?(CT・気管支鏡・胸腔鏡)

更新日

「確定診断」で本当にがんかどうか調べる

肺がんの確定診断

胸部X線検査や喀痰(かくたん)細胞診、CT検査で肺がんの疑いがあった場合には、本当にがんかどうか調べるための確定診断を行います。確定診断には、「気管支鏡検査」、「CTガイド下生検」、「胸腔鏡(きょうくうきょう)検査」など、いくつかの方法があります。

気管支鏡検査で検査する方法

気管支鏡検査

気管支鏡検査は、確定診断の代表的な検査です。先端に電子カメラが内蔵された太さ5~6mm程度のファイバースコープという細い管を、口から気管支の中に入れて内部を直接観察する検査です。鉗子(かんし)と呼ばれるハサミを使って、異常が疑われる組織を採取し、顕微鏡でがんかどうか確認します。

気管支鏡検査は、気管支鏡が届く、肺の入り口にできたがんの場合に適しています。がんが肺の奥の方にある場合、気管が枝分かれしていて気管支鏡が末端まで届かないため、行えないケースもあります。

CTガイド下生検で検査する方法

CTガイド下生検

CTガイド下生検は、CTで画像を見ながら、肺の外部から針をさして組織を採取する検査です。異常が疑われる組織が、気管支鏡では届かないところにあるときに行う場合があります。

胸腔鏡検査で検査する方法

胸腔鏡検査

胸腔鏡検査は外科手術の一種で、 通常は数cmの皮膚切開を3か所に行います。 そこから、胸部専用の内視鏡(胸腔鏡)や手術器具を挿入し、肺を見ながら組織を採取します。

胸腔鏡検査は、組織が心臓の真下にあったり小さすぎたりしてCTガイド下生検が行えない場合や、気管支鏡が組織まで届かない場合、また、組織がうまくとれなかった場合に行います。

最近では、がんの遺伝子のタイプに合わせて薬を選択し、より効果的な治療ができるようになりました。そのため、事前にどのような遺伝子タイプなのか、確定診断の段階で組織をしっかり採取する必要があります。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年9月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら