痛風を徹底予防!尿酸値を下げる方法、治療法まとめ

更新日

痛風とは?

痛風とは

前触れなく、突然あなたを襲う「痛風」。その原因は高い「尿酸値」にあります。
尿酸値は、健康診断の血液検査などで分かります。数値が7.0mg/dLを超えた状態がいわゆる尿酸値が高い状態です。この状態を「高尿酸血症」といいます。尿酸値が高ければ高いほど、また高尿酸血症の期間が長ければ長いほど、痛風を起こすリスクは高くなってきます。

『痛風セルフチェック』はこちら

尿酸値を上げる食べ物の簡単な見分け方

卵

尿酸値といえば「プリン体」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
プリン体を含む食品を摂取すると、体内で尿酸へと変化します。ですから、プリン体を多く摂取すれば、尿酸値も上がります。
とはいえ、どんなものにプリン体が多く含まれるか分からない人も多いのではないでしょうか。

プリン体を多く含む食品を簡単に見分けることができる、ある方法があります。それは「細胞の数」に注目することです。
例えば、鶏の卵1つに含まれるプリン体量、実はほぼゼロ。プリン体は、細胞の核の中に入っているので、細胞の数が多い食べ物ほどプリン体が多いと言えます。

ですから、肉や魚の内臓(レバーや白子など)や、たらこといった粒が小さい魚卵は、小さな細胞がぎっしりと詰まっており、プリン体の量は非常に多いと言えます。こうした食べ物は食べ過ぎないように注意が必要です。

『注意する食べもの』はこちら

尿酸値を上げる薬がある

尿酸値を上げる薬

食べ物が尿酸値を上げることは知っている人が多いかも知れませんが、薬の中にも尿酸値を上げる物があります。例えば、ループ利尿薬やサイアザイド系利尿薬といった一部の利尿薬です。これらは、尿の排せつを増やす一方で、尿酸の排せつを妨げます。利尿薬として処方されることは勿論、むくみを解消する薬や高血圧の薬として使用する場合もあるので注意が必要です。

また、アスピリン系の痛み止めは、少量服用すると尿酸値を上げ、多量に服用すると尿酸値を下げます。いずれも尿酸値を急激に変動させてしまい痛風発作を誘発させたり、悪化させたりする恐れがあるので、注意してください

これらの薬を使用していて尿酸値が高い場合には、主治医に相談してください。

尿酸値を下げる治療 ~目標値は?~

主に足の親指の付け根に激痛をきたす「痛風発作」を起こした人や、尿酸値が8.0mg/dLを超える人は薬による治療を行います。治療は、尿酸値6.0mg/dL以下を目標に行います。薬を飲めば、すぐに尿酸値は下がりますが、やめてしまえばすぐに上がってしまいます。
尿酸値6.0mg/dL以下を維持し続けるためにも、継続して治療を進めていくことが大切です。

また、目標の数値を下回っているか確認をするためにも、治療をはじめたら理想は毎月、少なくとも年に数回は医療機関で尿酸値を確認しましょう。薬は基本的には飲み続けなければいけません。
しかし、食生活の見直しや肥満の解消などから尿酸値が低い状態を維持できる人は、薬の量を減らしたり、やめたりすることもできます。

『痛風の検査と治療』はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年6月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら